ただいま、岐阜県からの帰還中です。

お客様との距離感って、それぞれスタイルがあるし、正解があるわけではないけど、
わが社は、だいぶクローズドです。


岐阜県のお客様に、パートナー的な企業の若手スタッフと共に、2日間の予定で、システムの設置作業に伺っていました。


初日の夜に、件の彼とお食事しました。
その際に言われた言葉が、「藤井さんとお客さんの仲良しぷりに驚きました。」
彼の上司も、そんな藤井流に感心していただいているのだとか。


まあまあ、それって良くいえば信頼感、悪くいえば、なあなあ感。


賛否両論あるとは思いますが、わが社のスタイルは、そんな感じ。


ただ、間違いないのはその言葉を聞いて、うれしかったという事。

もっともっと、お客様のおそばに。
そんな、ステップアップエンジニアリングなのでした。