先月の終わりに、ちょうど退職3周年ということで、独立前に勤めていた古巣の会社にご挨拶に伺ってきました。
なつかしい面々と久しぶりに顔を合わせられたり、お互いの近況について情報交換できたりと、とても有意義なイベントになりました。
立場は違うけれど、お互い成長できているなと思えるのはうれしいことですね。


ところで、この会社、私が在籍していたころからCMMIに取り組んでいました。
私の知っているころは、ただでさえ忙しい業務の傍ら大変なリソースを投入して導入作業を行っており、当時は「本当に今進めるべきなのか?」という疑問を感じる人もいたように思います。
しかし、その生みの苦しみの結果、現在は大変な効果を上げているのだそうです。

開発業務のプロセスをきちんと定義、管理することでワークロードの平準化、ベストプラクティスの蓄積による効率的な開発を実現。今では残業がだいぶ減り、しかも業績UP!


そもそも、開発の現場には大変無駄が多いような気がしませんか?
忙しいときは何日も徹夜が続くけれど、暇なときはほとんどやることがない。
いくら暇だとはいえ、SESで客先常駐だったりすると他のことができるわけでもなく、ひたすらWEBを見て時間をつぶしたり。

「毎日やりがいのある仕事が目の前にあって、やるだけやったら定時に帰る。」
SEの現場にそんな夢物語があるわけないと思う人も多いかも知れませんが、その手がかりはこうした取り組みにあるのかも知れません。
開発現場ではプロジェクトの幹部をサポートすることも多いですから、ICのエンジニアにも関係の深い話題ではないでしょうか。

ちなみに、開発プロセスについてのコンサルティングもやっているそうです。
興味があれば問い合わせてみては?