最近私たち向けのサービス増えてきましたね。
個人的にちょっと気になるサイトを以下にあげて見ます。
私の勝手なコメントつきです。

ITIC
E-エンジニア派遣.com
VIC
インディペンデントコントラクター協会
MCEA
Link-IT
スキルオークション
おまけ

ITIC

派遣大手のパソナテックがIC専門のサービス始めたようです。
PTSSという、ITSSをベースにしたスキル基準があって、これで派遣者のスキルを明確にするってところがちょっと面白そう。

レベルの高い人向けなのかも。
でも、そのレベルの人が仕事を取るのに困って派遣登録というのは、少ない気がします。



E-エンジニア派遣.com

派遣フィーは15%で、契約情報も完全公開だそうです。
MCEAと似た感じですね。
15%が高いか安いかみたいな議論もあると思うけど、どのレイヤーで15%引かれるかが気になります。



VIC

VSN(ベンチャーセーフネット)という会社がやってます。
イマイチよく分からないんですが、メールで送られてくる案件情報では、非常に高い単金がかかれていてびっくりです。
どうなんでしょう?



インディペンデントコントラクター協会

私も会員になってます。
参加することにほとんどリスクがないところが、私は気に入っています。
ICという働き方を、啓蒙するのが主眼のようなので当たり障りないというところでしょうか?
ICのネタで本を書いている人たちが、儲ける仕組みではないかという声もちらほら。
とはいっても、私自身、この協会のお陰で面白いところにつながりができたので、すでにメリットありました。



MCEA

会社に所属するのは嫌。でも、本格的な独立は不安。
という人にはうってつけというのが最近の印象。

共済によると手厚い補償、派遣フィーが7%、契約内容が公開という点がよいですね。

関係者の話を聞いていると、
単金よくて満足という人と、安売りされて困るという人に二分しているような印象を受けます。
実際どうなんでしょうね。



Link-IT

フリーランス向けというわけではないのですが、ジョブマッチング的に新しい感じなので注目しています。
我等がスキルオークションと若干似ているんですが、派遣会社と受入先のためのサービスのようです。



スキルオークション

というわけで、我等がスキルオークション。
上げてきたようなサービスとの一番の違いは、運営に私たちフリーランスが絡んでいることかも知れません。
あくまで、エンジニア主導で行こうというサービスですから。

先日も、スキルオークション向上委員会というミーティングがあって、参加しているフリーランスと運営会社のミーティングがありました。

弱点を挙げるとすれば、まだサービスが始まったばかりで案件のバリエーションが少ないことかな。



おまけ:mixi(mixi登録の方しかこのリンクは飛べません、たぶん。)

実は私、mixi上でジョブマッチングのコミュニティーやってます。
完全ノーリスクで参加できる代わりに、いい案件にめぐり合えるかどうかは全くの無保証ですね。
でも、案件情報や人材情報は結構飛び交ってます。
うちのコミュニティーは170ぐらいですが、4000人近い同種コミュニティーもあります。

私のコミュニティーはオフ会も活発にやろうと思っているので、ビジネスベースの異業種交流会に発展するのかも。

どのみち、どうなるのかさっぱり分かりません。おまけです。



まとめ:

それぞれのサービスには、自社が儲けるスキームが必ずあるはずです。
そのスキームと自分のビジネスのスキームが合致するかどうかはきちんと見極める必要があると思います。

自分なりのビジョンを持っていないと、運営者の懐を肥やして終わりになるかも知れないし。
裏の裏まで考えて、どこか一番いいか考えないイカンですね。

もちろん一つに絞る必要もないとは思いますが。

いずれにせよ、こういうサービスが身近になれば独立への敷居はぐんと低くなりますね。


ちなみに、こういうことを実名ブログで書くと嫌われるかな?
でも、うそは書いてないし。
思ったままを書いただけで、それぞれのサービス何の偏見も持っていないことを書き添えておきます。



というわけで、参考になった方はランキング宜しく。