フリーランスで活動するのに、屋号は重要だと思います。
皆さん屋号つけてますか?

私は、ステップアップエンジニアリングという屋号で活動しています。


個人事業の場合、法人と違って「商号」(会社名など)を決める必要はないです。
しかし、この屋号をつけておくとメリットがたくさんあります。

なんとなく、会社の様に見えるということが一番のポイントです。




たとえば、
「はじめまして、藤井と申します」
と自己紹介するのと、
「はじめまして、ステップアップエンジニアリングの藤井です」
と自己紹介するのでは、相手に与える印象が大きく異なるようです。



はじめてお話する方の多くは、
「会社をやられているんですか?」とか
「何人でやっていらっしゃるんですか?」
と質問されます。

そこで、かくかくしかじかこんな感じで活動しています。
とお話するわけです。

これが屋号なしの場合、最初から「個人」と見られてしまいます。
つまり、屋号を名乗るほうが、自分をアピールするチャンスが増えるということですね。



また、ステップアップの場合は、「フリーランスですが、組織力が売りです。」をキャッチコピーにしています。
このため、「藤井 俊勝」を名乗るよりも「ステップアップエンジニアリング」を名乗るほうがキャッチに合うという理由もあります。



あと、どこかのセミナーで聞いた事例では、こんな活用法もあるようです。
・屋号を変えて、自分の事業をリセットする。
・複数の屋号をたてて、複数の事業を並行する。
などなど。



会社を作ったり潰したりするには、だいぶコストがかかりますが、「屋号」なら簡単というわけですね。