ちょっと、更新の頻度が落ちてしまいました。スミマセン。
「なぜ、今インディペンデントコントラクター、フリーエンジニアなのか?」
の続編行きたいと思います。

第4回で、これからフリーエンジニアが増える要因として、幾つかの項目を挙げました。
それぞれについて、私の考えをまとめて行きたいと思います。

まずは、企業側の視点から。

  • フリーエンジニアの認知度が着々と上がっていること。
  • 現状、システム会社のほとんどが、「人出し会社」=「仮面派遣会社」となっていること。
  • ユーザ企業(官を含む)が特定のSierへの依存を止めはじめたこと。



いろんなところで、フリーエンジニアについて紹介されています。
フリーランスとして働く人向けの情報が増えていることは、皆さんご存知の通りです。

企業の側から見たフリーエンジニアという視点でも、認知度が上がってきていると感じます。
景気が悪いためか、どの会社も固定費を減らしたいということで、アウトソーシングや派遣を活用する事例が増えています。
その選択肢の中に、フリーエンジニアを含める企業が増えてきている、ということです。

特に、SESを主体としているシステム会社は、「フリーエンジニア」大募集的な求人をかけていたりしますね。
これは、利幅が多少落ちても固定費を下げて、キャッシュフローを改善しようという意図だと思います。



私の実体験としても、現場レベルではフリーエンジニアを歓迎してもらえることは多いです。
「できる人間に仕事してもらえるなら、個人でも企業でも関係ない」といってくださるマネージャさんが多くいます。

ただ、現場から離れたところで、「購買」とか「資材」と呼ばれる部署からの制約が、ネックになっているのも事実です。
このためマネージャさんは、自分の傘下の協力会社を間に入れることで雇ってくれます。

自社の人間を育てるには時間もお金もかかる。
しかし、ものになったと思ったら転職してしまう。
こんな背景もあって、「信頼できて即戦力になるなら、他は問わない」と考える人が増えているのかなと感じます。


ひとまず、ここまで。
続きは次回にご期待を。